怪しい人

1回目の入院時はひたすらに悪化していく状態で
自分ひとりじゃ動けなかった

移動の時は誰かの手を借りて
車イスに乗せてもらい、運んでもらってた

自分がどうなっているのか、どうなってしまうのか
何もわからず、途中からは恐怖よりあきらめが勝ってた

そんな時のお話↓

f0066602_21544040.jpg

センセーのさりげない気遣いで「やさぐれ」が少ぉ~し緩和されました
(さてここ↑は何ページでしょう?(笑))


それでも自力では動けないし、連れて行ってくれとも頼めないしで
その後、ここで心の洗濯をすることはなかったなぁ・・・

そして・・・現在

f0066602_22014262.jpg


自分の足で歩いて
この風景を見たよーっ!!!
(/;▽;)/


ちょうど大雪の日でした。はい、コチラ↓

f0066602_21545836.jpg

初発時にあきらめなければならなかったことがいろいろあったけど、
これで2つめをリベンジした感じ
(ちなみに1つめは西武鉄道の避難訓練←笑)

よしよし
前向いてズンズン進んで行くで~♪

倒れるときは前のめりっ!!


[PR]
Commented by 鈴上 森貴(しんき) at 2018-02-19 09:33 x
初めてコメントします。
本を買いまして、読みながら
『あ~!あるある!!』と共感してました(笑)
(なので、どのページかは書きません^^*)
実は昨年の秋に突然足に力が入らなくなり救急搬送で入院(人生初)をしたさいに《多発性硬化症》の疑いがありました。
検査(腰椎穿刺)の結果『脊髄炎』と診断され、パルス治療(副作用で血糖値が上がって一時期インスリンも注射)と、リハビリのおかげで現在は3ヶ月に1回の通院で経過観察中です。
Commented by garu1968 at 2018-02-21 08:18
>鈴上 森貴さま
初めまして!コメントありがとうございます。
そして単行本をお買い上げ下さり、ありがとうございますt!!!

「あ~、あるある!」のご感想がとてもうれしくニヤついてしまう私です。
病名が付くまでは本当に大変です(した)よね。
描けないような酷いこともたくさんありました(笑)
そして腰椎穿刺…今の心持ちとしては、確定診断のためならドンと来い!です。
(ビビりまくるのは避けられませんが・・・)

難しめの病気だと確定診断までたらい回しや時間がかかったり、一番困る「診断が下らない」こともありますが、そういった患者未満の方の参考にも慣れればな・・・と思っております。

これからも頑張りすぎずに頑張ってまいりますので、応援よろしくお願い申し上げます
Commented by せつ at 2018-02-21 17:59 x
はじめまして、コミックを最近読ませていただきました。
とても大変な初発だったのですね...。
みていてハラハラしちゃいました。
少しの悪化にパニックになってしまうのはほんと今まさに!なので、わたしだけじゃないんだって安心しました。
ありがとうございます。

わたしも先日、MSの診断をされました。
わかるまではやはり整形外科や脳外科などたらいまわしで、麻痺が悪化していく身体に不安が募りました。

これからコパキソンの導入入院をします。
わたしも針がとても苦手なので毎日自己注射...考えただけでフリーズしそうです…。
がる先生は、注射をしてくれる優しい旦那様がいて本当に羨ましいです。

注射は辛いですが、3人の母なのもあり、副作用のあるものは怖いので頑張ります。

またブログにお邪魔させていただきますね。

Commented by garu1968 at 2018-02-22 16:01
>せつ様

初めまして!コメント&単行本お買い上げありがとうございます!!!

はい~、初発は一気にガガガーッと、さらに途中まで病名判明せずだったのでバッタバタでした。
病名が確定した今は、それだけでも本当にうれしいなぁと思えます。
罹患自体はうれしいなんてことありえませんが(笑)

自分が発病した当初はネットで調べるも疑問に感じることが多く、いろんなことをいろんな意味で表に出せずに抱え込んでいました。そこへ現れた先輩患者のフォローが心の底からの助けとなりました。
なので「私だけじゃないんだ」と安心していただけたとのコメントを、「バトンをつなげられた!」と嬉しく大喜びしております。

注射…イヤですよね。週一でも何とか誤魔化して時間稼ぎをしようとしている身なので、毎日となるとさぞ大変だろうとお察しします。とにかく発症時のあの何とも言えない恐怖や辛さを思い出して「軽減される、軽減される、ありがたい~」と思いながら打っています。

何かあれば遠慮なく書きこんでください!
ではでは!
Commented by クルミ at 2018-02-25 03:53 x
がる先生、はじめまして!
うちも同じ仲間、多発性硬化症3年生です、
頚椎、胸椎に脱髄あり、脳にはありません。先生程ひどい脱力も味わった事がない現状です。
ただ疲れやすく、薬の副作用で不眠に悩まされてます。
本はネットで購入させて貰いました。MS仲間の間で先生の本を知り読みたい!!な気持ちが書店ではなく、ネット…になりました。
あっという間に読み終わり……羨ましい気持ちで1杯です、だってぇ………ご主人のお優し事!
うちは旦那がどんな風に感じてるのかさっぱり? 何も言わない、気遣いの言葉も無いし興味ないのでは?と思ってます。単身赴任してるのもあるのかもしれないですが。
薬の事、💉の事、体調の事…聞かれた事は無いに近い。診察も1人で、入院の時(💉の導入で入院)も「別に来なくていいから!」をまに受けたのか10日の間、1度も来ませんでした。

これから先自分の身体がどうなるか、不安ではありますが同じ病で暮らしてる人がこうして居てくれる、不安な気持ちを分かってくれる人が居ることに救われています。

無理されることなく、発言(日常の事を)し続けて下さいね♪
楽しみにしています。 長々と失礼しました。 今後の活躍、楽しみにしています!

長崎県 佐世保より
Commented by garu1968 at 2018-02-25 14:26
>クルミ様

初めまして!コメント&お買い上げをありがとうございます!!

最近だと麻痺や脱力はあの頃のような酷さはありませんが、疲れやすさと言うか思いがけない「バテ」には悩まされております。注射は打っての結果なので副作用をあらかじめ覚悟できますが(昨夜打ったので、明日~明後日にドドーンと来るはず…)、「バテ」はまだまだ修行が足らないようです(笑)

夫ポチダー曰く「わかってあげたくても患者じゃないとわかり得ない部分もあるから、敢えて何もないかのように普通に振る舞う気持ちはあるなぁ・・・」とのことです。

私自身としては「病人扱いされたくない」と「病人なんだからっ!」という真逆の心で揺れ動くこともあります。はい~、ダブルスタンダードです・・・。ただ我慢しいな性格だったのが、病気になってからは(割と)抱え込まずに表へいろいろ出せるようになりました。クルミさんもたまに吐き出してみるのもいいかもです。

これからも遠慮なく書きこんでくださいね!非公開でも大丈夫です。

頑張りすぎずに頑張って行きましょうっ!!!
ではでは~
Commented at 2018-03-26 12:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by garu1968 at 2018-03-26 22:22
>2018年3月26日のコメントの方へ

お久しぶりですー!!!忘れられていなくてものすごく嬉しいです(;▽;)ノシ
我が家も私の発病以前に同じような状態に陥り、一時は人間不信になったりと大変でした。
同じくまだまだ頑張らねばならない状態です。

病気のことを単行本として発刊できたのは本当にうれしく、またこうやってメッセージをいただけたことも本当にうれしいです。むしろ私がたっくさんのパワーを頂いてます。ありがとうございます。

最近よく考えるのですが、少しでも自分と縁ができた人は穏やかに、幸せであって欲しいなぁ・・・と願ってます。私は「福の神(←友人曰く。なぜか自分には力が働かない・・・)」らしいので、Rさんにいいことたくさん起きるように祈ってます!
Commented by 蓮華 at 2018-03-29 21:14 x
がる様、覚えててくれて嬉しいです~ノД`)
これからはちょくちょくコメントさせてもらいます♪
がる様の単行本、遅ればせながら今日書店に探しに行ったら残念ながら売り切れてたので、注文して来ました!届くのが楽しみです。
福の神のがる様の力を信じてこれからは幸せに、そして、がる様も幸せに在りますように祈ってます(*´∀`)
Commented by garu1968 at 2018-03-31 22:35
>蓮華さま
ありがとうございまーす!!!
みんなで幸せになりますよーっ!!!(>▽<)ノシ
名前
URL
削除用パスワード
by garu1968 | 2018-02-18 22:34 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(10)