カテゴリ:岡G闘病中/vs. diseases( 21 )

冬の空気 / Winter Wind

どもです、岡Gですっ!(/^^)
暑さが苦手なこの持病でありますが、
季節の変わり目なんかの交互の寒暖に体調を崩しやすかったりもします。

最高気温が10度以上の差!なんてのが続くここんとこは地味に結構きつい~
それでも冬は確実に近付いてきたな~ということもチラホラ

ついに一日中、扇風機を使わないで過ごせた!とか
半袖短パン生活にギブアップした!とか

それでも昼間はまだまだ半袖短パン(笑)

そんな最近の出来事・・・
f0066602_0582924.jpg
忘れられない発症したあたりの記憶

2012年の秋

突然、やる気がなくなって動けなくなった。
頑張って病院へ行きたいけどどうしても動けない。

着替えもできない(する気になれない)のでスウェットの上にベンチコートだけ羽織り
サンダル履いてヨロヨロと夫ポチダーに抱えられながら病院へ向かう岡G。

この時はやる気がないというか思考がまとまらず言葉も出てこない状態。
当時の記憶はボンヤリとしか残っていません。

だから今回、外出した時に感じた空気の匂いで強烈に甦った当時の記憶、
無意識下の刷り込みって凄いなーと思うと同時に、忘れても良かったのにな・・・とも。

冬が大好きな岡Gとしてはこんな空気感に負けてなるものかっ!と漫画にしてやったぜ~♪
エイエイオーだぁ!(/>o<)/ウリャッ!!

[PR]
by garu1968 | 2016-10-30 01:32 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(4)

いろいろやらねばならぬことが山積み~・・・
とわかっていながら現実逃避中の岡Gでございます

今回ネタは前回の続き
※前回ネタはコチラからどうぞ~
週に一度の自己注射との駆け引きナリ~!!!(/>▽<)/
f0066602_23171139.jpg
アボネックスよ
これは反則やろっ!!!
\\(#`皿´)//

・・・とやはり何かと闘うワシ(笑)

忘れた頃にやって来るもんだから初発の時の脱力とか思い出しちゃって
「何、このダルダル?ついに再発キタ?(((;゜_゜)))」
とドキドキバクバクすることも・・・

まぁ来ないと来ないで不安になるから(←ワガママ)遅くなっても来たほうが安心できますけどね

そんなドッキドキな週に一度の自己注射、
明日だぜ!!!
頑張るぜ!!!(←打つのは夫ポチダー)
日曜はグッタリだぜーっ!!!
イエーイ\(´▽`)/ヒャッハ~

[PR]
by garu1968 | 2015-09-25 23:33 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(2)

とんでもなかった猛暑続きの毎日も過ぎ
涼しいなぁ・・・と感じられる日もあるようになりましたね(^^)b

冬もコタツだけで済む陽当たりサイコー!な我が家、
日中は28度くらいな状態で未だ扇風機&エアコン稼働中であります

******************************************
さてさて・・・
アボネックスを打ち始めてから2年が経過したわけですが
投与後の副作用の発症する・しないは毎回の運任せでして・・・

最近の傾向はこんな感じ↓であります
f0066602_1831074.jpg
時間差で来るとは
卑怯なり~っ!!!
\(#`皿´)/

・・・って
何と闘ってるんだ、ワシ?


最初のころは早いと数時間後に副作用に襲われていたのだけど
だいたいは夜打って翌朝起きると「ムハ~・・・」って感じ

なのに最近は遅れに遅れるんですわ~(;_;)
「あ、もしかして今回は来ない?」なんて期待を抱いてしまった後だけに憎い…(笑)

いやいや、副作用も効いている証拠と考えて感謝感謝でありまっする(人´▽`)

[PR]
by garu1968 | 2015-09-23 18:45 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(0)

f0066602_114478.jpg
はいっ、こんな感じですっ!
\(;´▽`;)/


自己注射『アボネックス』の副作用として有名なのが
『インフルエンザ様の症状』
であります


基本的には
●高熱
●筋肉痛or節々の痛み

と言う感じ

発熱の場合はだいたい1.5~2度くらい上がるかなぁ・・・
私の場合、もともとあまり熱は出さないほうなので高熱になると結構きっついです(;--)

熱は出るとき・出ない時が半々くらい
「やったぁ~!今回は熱が出ないぞ♪」
なんて油断していると、別の恐ろしいヤツがやってくる・・・

インフルエンザの時の何とも言い難い筋肉痛、ダルさ・・・
あれでございます(;´Д`A)~3

早いと夜11時くらいに打って夜中にダルダルに襲われ目が覚めます
もうどうしようもないので体をねじったりゴロゴロして何とかごまかそうとしても無駄な抵抗

朝には痛くてもう動く気力もなくなります

ポチダー「起きる?」
わし「・・・起きれない」
ポ「朝ごはんどーする?」
わし「・・・無理」
ポ「ゴロゴロしとく?」
わし「・・・ゴロゴロしとく」

こんな会話が週一で繰り返されておりまっする

対処として鎮痛剤『ロキソプロフェン』を投与前に飲んでおくけれど
それでも結構な熱や痛みに襲われますね~

センセーに
「インフルエンザ『様』ってことはインフルエンザじゃないから他に感染するわけでもなく、
別に外出を控えたりせずに普通に動き回っても大丈夫なんですよね?」
と聞いたとき
「理屈的には問題ありませんけど体が辛くてそれどころじゃないと思いますよ?」
と言われた訳がよぉ~~~くわかったッス(;T_T)

ちなみに昨日の夜に注射を打ったけど本日、ほとんど熱が出ていません
こーゆー時は夕方くらいに突然ダルダルが襲ってくるんですよね~

まぁ自分でわかっており覚悟もしているのでずいぶん慣れたのかなぁ・・・と

さささ、動けなくなる前に動けるだけいろいろやっておかんと!
まずはお洗濯してこようっと♪

[PR]
by garu1968 | 2015-08-23 12:15 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(8)

多発性硬化症を発症してからの岡Gの病気に対する医療いろいろは・・・
1)5~8週間ごとの通院、血液検査、問診
2)週に1回の自己注射

でございますっる

この噂の『自己注射』は『アボネックス』というもので
病気の再発間隔を押さえたり、再発時の程度を軽くする効果があると言われてます

難病だけに完全にコレッ!!!という治療法はないのですが
主流の療法の一つであります
f0066602_1102969.jpg
皆さん、針っていかがですか・・・?
ガクブル(((;゜Д゜)))アウアウ


入院中なんてイヤっちゅーほど注射やら何やら刺されまくりました
それこそ1日に数度なんてことも・・・

でもね・・・どうしたって慣れませんわ~(;´Д`)ノシ
できるだけ先延ばそうと話をそらそうとしたりする悪い患者だし(反省~)
刺さるとこを見ないように首があさっての方向へ向いてたりするし(バレバレ)

もともとお箸とかペン先が自分のほうに向いていると怖くて耐えられないので
いわゆる『先端恐怖症』なのかもしれませんな

では最後に自己注射セットのお写真を~
f0066602_11201847.jpg
これね、『筋肉注射』なので
筋肉に対して垂直にブッスリと行く!のでありますよ~
フフフ・・・

[PR]
by garu1968 | 2015-08-14 11:25 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(2)

30度超えもアタリマエ~…な日々が続いてますね
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて今回は残っている症状の一つ『レルミット』
レルミットのおさらいはココからどうぞ~
入院時はとんでもなくひどかったなぁ・・・という回顧録でございます~
f0066602_15384441.jpg
はいっ、こんな感じでしたー\(;´Д`)/アウアウ

返事するときにちょっと頷くだけで電気ビビビですわ~
「返事と挨拶はシッカリとキッチリね」と育てられた岡Gなもんで
「返事しなくていいですから」とか「頷かないで」と言われても反射的にしてしまう・・・
そりゃもう大変でした

一番きっつい時期は大笑いして頭が揺れただけでもビビビとなってしまうと言う・・・
「アハハ(>▽<)」
「ビビビッ!(;゜皿゜)ヒッ」
「・・・(;>w<)ウグク…゙」


実際に電気が流れるわけではなく神経感覚なので肉体的には大丈夫ですが
ひたすらに罰ゲームのような状態でホント辛かったッス

あ、今はそこまでひどく残っていないのでご心配なく~(^0^)ノシ

[PR]
by garu1968 | 2015-08-09 15:56 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(2)

今回は今も残っている症状についてチビっと

いろいろな症状があって、患者それぞれ出る症状・残る症状もバラバラです
そんな中で現在、岡Gに残っている症状をご紹介~
f0066602_12373370.jpg
はい、その名も『レルミット』ざ~んす

今は首曲げに気をつけていればそんなに大変なことにはならないけれど
急性期の入院中はホントに大変でした

ちょっとでも首を前に曲げると
背中の上からお尻にかけて電気がジョワッ!!と流れるイメージ
んで、反射的に足とかがビヨン!!とかなっちゃう

退院後も慣れるまで・・・は大変でしたよ~
外出先とかでこれをやっちゃうと、知らない人から(あの人大丈夫・・・?)的な目で見られたりとか
(で、つい大きめの声で「大丈夫!」を連呼したり~)

その節はご心配おかけしまして・・・であります
m(_ _)m

今はそこまでひどくはなく、やっちまっても軽めなので
こっそり「ウググ・・・(;>皿<)」と静かぁ~に耐えております

いやいや、耐えると言う表現を使うほどひどくはないかな
「チッキショー、油断してたぜっ・・・」くらいな感じ(笑)

治療法のない難病ゆえ、それぞれの症状に慣れ付き合っていくしかない・・・と
自分的な消化法を模索する毎日であります

[PR]
by garu1968 | 2015-06-23 14:17 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(6)

フンガーっ!!!
描くぜっ!!!とやる気になった岡G
いきなり2本目投稿だよ~ん♪

・・・こう勢い任せにするとちゃんと続くか不安
いやいや、頑張れワシ!!!
f0066602_17285282.jpg
はいっ\(´▽`)/
現在の病気に対する諸々はこんな感じでありまっする

ワードとしては『寛解期』かな?

病気が完治していないものの落ち着いた状態
いつ再発するかはわからないのー。アウアウ…(;゜Д゜)
※自己注射については別漫画で解説しますね~

病院まではチャリでノホホーンと行って血液検査と問診が基本
ま~、大きい病院での待ち時間は織り込み済みってことでしゃーないっすな

何度も行っているとだんだんペースもつかめてくるので
空き時間にあっちゃこっちゃ行って時間つぶしてます♪

入院中は一人で動けなかったのでどこも行けなかったし
3食出るので縁遠かった食堂(場所すら知らなかった)

モーニングセット400円が幸せなのですよ

病気に罹ったことは災難だったわ~と思うけど
そんな中での幸せ探しにも余念のない岡G夫婦であります
(^v^)/\(^v^)

[PR]
by garu1968 | 2015-06-15 17:55 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(2)

ジメジメ指数が上がり嫌ぁ~な感じの毎日ですが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

気温が高くないからと油断して外出し、湿度の高さによる体温上昇からバッテバテになり
何とか気合いでギリギリ帰宅・・・なんてことも(;@~@)
私の場合、体温調節関係の症状が日常生活に一番影響があるかな?

さてさて
そんな私の罹患した難病『多発性硬化症』について
漫画を加えて描いて行くことにしましたー

だって・・・漫画家ですもの
・・・と言うわけで早速行ってみよっ!!!(/>▽<)/
f0066602_15554569.jpg
※線がレロレロしているのはズボラこいて下敷きを敷かずに描いたら
こたつの天板の木目が出ちゃっただけで、手の震えのせいではありません
どうかご心配なく~m(_ _)m


発症してしばらくしから友達に会ったとき
「ごめんね、調べたけど病気のことよくわからなかった」と言われたんですよ

私からすると「全然ごめんねじゃないよ~。私もよくわからないし
もっと言うなら難病だけあって医者だってわからないことだらけなくらいだし~」なのだけど、
確かにそうだろうなぁ・・・と
(何だか申し訳なくて、ちょっと泣きそうになったッス)

自分としては遠慮なく聞いてもらえればと思っていたけど、
もし自分が逆の立場だったら聞きづらいし気を遣っちゃうかな~と気づきまして(遅い?)

病気のことをまったく隠す気のないワタクシでありますが
病気に対する誤解や認知度の低さから「ええぇ~っ!!!」となる事態もありまして
こりゃイカンと一念発起でありまする

・・・あ
更新がなかったら「岡G、どーしたー?」と容赦なくプレッシャーかけてくらさい
(基本的には月数本は更新する予定。頑張れ、ワシ!)
どうぞよろしゅうに~(^0^)ノシ

[PR]
by garu1968 | 2015-06-15 16:39 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(2)

病気のお話/最近の状態

岡G、最近病気の話をしないじゃん。治ったのか?

・・・いえ、難病ゆえ治ることはありませぬ(今のところ)
ちょっといろいろあって病気の話をするのを躊躇しておりました

ただ自分がこの病気にかかったばかりのとき
藁にもすがりたい気持ちで必死にネット上で情報を探しまくったのを覚えています

いろんな人、患者、専門医、製薬会社から関係団体まで
あまりの情報の多さと錯綜加減にグッタリし「私は主治医を信じて行くから大丈夫!」と
情報検索することをやめました

それでも残っている症状が悪化したりしたときは
「再発かっ!?」とパニック起こし、やっぱり情報検索なんてこともありますが・・・

初発時のものすごい不安は未だに忘れることができません
ここにアクセスしてくれた先輩患者さんからアドバイスをいただいたときは
うれしく心強くてワンワン泣けました

その後、逆に罹患したばかりの患者さんが検索から
ここへアクセスしてくることもあります

ならば私はあの時の思いをお返ししたいなぁ・・・と
少しでもお役にたてて、不安を少しでも拭えれば・・・と

・・・と言うわけで
「元気にやってまーす」的な調子の良いときばかりでなく
「今日はこんな症状が」「アボネックス打ったらこんなことに」みたいに
正直な病状も報告していこうと思っています

もし何か聞きたいことがあれば遠慮なくお尋ねくださいね
答えられること、わかる範囲でお答えしますので

****************************************
そんな最近の病状としては慢性的なのが

●ウートフ:体温が上がるとバテる。長風呂厳禁なのですよ~
●レルミット:首を下に曲げると背中に電気が走る。下り階段が苦手ッス
●階段の昇り降りで異常にバテる。呼吸が荒くなりまくり周りを驚かせる
●寒暖の差が激しい日は四肢・脇腹の痺れが増す
●週一の自己注射アボネックス:翌日に熱をガーンと出し、筋肉痛に襲われる
あまりの痛さに朝方目覚め、泣く・・・(マジ)

と言う感じ
まぁこの辺は何となく慣れたような慣れないような・・・
自分なりに解釈してはいるので『あきらめの境地』であります

ただここ数日、これまでとは違う痺れが襲って来てまして・・・(;--)
昼間は大丈夫なのだけど夜になると一気に悪化
脇腹と左腕に痺れがジュワジュワジュワジュワワーン(←ホントにこんな痺れ)
布団に入るとザワーッと脱力感に襲われるので眠れない

再発なら1日以上継続するとの言葉を信じ
半日おきのぶり返しだから違うだろう・・・あぁ、でも・・・とプチパニ中

こーゆー時に限って次の診療予約が1か月以上先なんですよね
土日ガマンしてみて駄目なら救急で考えようか・・・と自分に言い聞かせておりやんす

あ、こうして文章打っている間は痺れを感じてなかったなぁ(笑)
何かにずっと集中してたらずいぶんマシかも

あ~ん、今日も寝るのが怖いよぉ~(;T0T)
どうか悪化しませんよう(>人<)

[PR]
by garu1968 | 2015-02-14 00:16 | 岡G闘病中/vs. diseases | Comments(12)

漫画家・岡田 がる「ブログやってます」
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31